40代になるとご両親も歳をとってくるし、どのようにするのがベストなのか頭を悩ませる方も大勢いるのではないでしょうか?同居するのか、あるいは別居でもうまくいくのか?これからの介護はどのようにするのか?パートナー探しの時に女性はどうしても気にかかるのが「相手方の親問題」なので、40代の男性の方が結婚活動する場合にはご自分のご両親をどのようにするのか、キッチリと考慮しておかなければなりません。

奥様には両親の介護もやってほしいというお心はあるかもしれません。あなた自身はお仕事もあるし、日中の間のご両親の様子が気掛かりなという思いもあると思われます。しかしながら、重要なことを忘れてはいけません。奥さんは介護士さんなわけではないのです。原則的には奥さんは配偶者なのです。親御さんの介護やこれに伴う同居を前面に出されて結婚したいと思う女性の方なんてほとんどおりません。結婚を一番に考えておられるのであれば、親御さんよりも奥さんになってくれるパートナーを見つけることを先決させましょう。

実際のところ、同居が条件だという男性の方の婚活はかなりハンディを負った状態と言えます。ご両親との同居することを希望している女性の方はほとんどいないからです。 ですが、全く不可能なわけでもないといえるでしょう。確かに御両親以外の身寄りも一緒に同居する必要があるとか、家の商売を一緒にお手伝いするなどの条件が付いてくれば大変ですが…。



現実に親御さんの介護も必須だという方もいらっしゃると思われます。親御さんも大切だけど結婚もしたい。40代というのは婚カツをするのにはギリギリなのだということを言われることもあるので今のうちに結婚しておきたいという気持ちはとても理解できます。それではその答えはあるのでしょうか?

若年層と異なり40代になれば経済的にも安定して来るでしょう。その点はしっかりと売りこめることも重要なことです。介護も費用がかかってくる部分もあるのでやはり金銭面での安定は必要になってきますし、女性もそこのところをちゃんと聞いておけば安心できると思います。

40代男性の婚活は、どうしても若年層に比べれば結果に結び付くことはハードルが高いということが言えます。ですが今結婚を決めておかなければ50代になるとシニア婚活となってきます。シニア婚活となってくると若いパートナーとの出会いも減少してきますし、条件のあるお相手のことも多いです。 40代であるこの時期ってとても重要になってくると言えます。

本気で結婚したいと希望されるなら、「どうしても譲れない部分」を洗い出しましょう。

  1. ご両親に申し出れば理解してもらえる。なので自分にあう「奥さん」探しにウェートを置こう
  2. 介護がどうしても必要。その為、介護に必要な親御さんを受け入れてくれる人を探そう

何があなたにとって譲れないのかが把握できれば、どういった配偶者を探すべきなのかが見えてきます。

親御さんのことも大切なのですが、あなた自身がどのようにしたいか、どの点までは譲ることができてどこからは奥さんにもやってもらいたいのか、さしあたって明確にさせてください。そうすることで、あなた自身の軸がぶれることなく、堂々と婚活することが可能となり、きっと自分にとってあうお相手が見つかることでしょう。